スポンサーリンク

PCR検査は無意味?大橋眞が出演!松田学政策研究所チャンネルとは⁉

松田学youtubeYouTubeチャンネル
この記事は約4分で読めます。
ピヨジロー
ピヨジロー

今日は、松田政策研究所の話ピヨ♪

松田政策研究所チャンネルを知っていますか。

松田学さんが配信している、マスコミでは流さない、政治や社会のタブーに触れる番組内容になっています。

先日、新型コロナの裏第一人者である大橋眞名誉教授も出演されました。

そもそも、「松田学って誰?」という方も多いことでしょう。

 

今回は、そんな知る人ぞ知る松田政策研究所チャンネルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

松田政策研究所YouTubeチャンネル

まずは、YouTubeチャンネルから見ていきましょう。

チャンネル名

松田政策研究所チャンネルとなっています。

 

 

チャンネル登録日

2018年2月14日に登録となっています。

 

これより以下の情報は、2021年1月7日時点のものになります。

 

登録者数

16.8万人となっています。

動画本数

639本となっています。

総再生回数

総視聴回数は、3510万8829回となっています。

1本あたりの再生回数は、35,108,829回÷639本=約5万4943回となります。

チャンネル内容

ひとまずチャンネル概要欄から引用します。

松田政策研究所動画コンセプト⇒ 松田学が研究・実践してきたこれからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について政治・経済・社会・文化・歴史・及び国際関係・科学技術・財政金融・危機管理・安全保障に至るまでをテーマとし松田学を中心とした講師・研究員がお届けする日本人がこれから身に着けるべきインテリジェンス(知恵・知識・教養・諜報・情報)を他にはない”リアリズム視点”の動画でお届けする番組です。

政治系の番組では、YouTubeでは老舗のチャンネル桜などがあります。

 

 

松田政策研究所チャンネルの方は、チャンネル桜ほど思想性が強くありませんから、右も左も関係なく、誰でも観ることができる内容になっています。

新型コロナ関連

最近何かと話題の新型コロナに関しても、独自の配信を続けています。

速報!ニュース解説 橋下徹氏モーニングショーの玉川徹氏の主張に反論

京都大学大学院医学研究科特定教授・上久保靖彦さんとの対談では、日本人は既に集団免疫を獲得している説を紹介しています。

特番『衝撃!日本では既に”集団免疫が達成”されている!?』ゲスト:京都大学大学院医学研究科特定教授 上久保靖彦氏

先日、徳島大学名誉教授の大橋眞さんも出演しました。

大橋眞さんに関しては、以前、国民主権党の平塚正幸さんの記事でも書いています。

 

 

下記の動画では、PCR検査ではコロナウイルスを検出できない説を紹介しています。

正直、大橋眞さんが個人でやっている学びラウンジよりもわかりやすい解説でした。

興味がある方は、是非、ご覧ください。

特番『徳島大学名誉教授大橋眞氏 登場。PCR検査の真実は?そもそも新型コロナパンデミックとは?』ゲスト:徳島大学名誉教授 医学博士 大橋眞氏
スポンサーリンク

松田学の経歴とは

次に、松田政策研究所のMCである松田学さんについて見ていきましょう。

年齢

1957年11月11日生まれ、現在63歳のようです。

出身地

京都府出身のようです。

完全なる余談ですが、京都と言えば、以前紹介したナースケベチャンネルのさおりPの出身地でもあります。

 

 

大学

東京大学経済学部卒業のようです。

職歴

大蔵省に入省しています。

最後は、財務省大臣官房付という役職で退官したとのことです。

議員歴

松田学さんは、国会議員にも当選しています。

太陽の党→日本維新の会→次世代の党→自民党という紆余曲折を経て、現在、国会議員ではありませんが、参政党という政治団体を結成しているようです。

著書

松田学さんは、著書も出版しています。

created by Rinker
¥895(2021/04/22 23:14:30時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,155(2021/04/22 23:14:30時点 Amazon調べ-詳細)

ホームページ

松田学さんには、ホームページもあります。

 

 

 

 

ホームページでは、文章で独自の意見を述べられています。

まとめ

今回は、松田政策研究所チャンネルを紹介しました。

TVの報道だけではわからない部分や、マスコミが言わない本当のところなども配信しているように思います。

テレビと並行して観たら、色々な気づきがあって面白いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました