※本ページはプロモーションが含まれています。

足立区役所すぐキレる課【独善的世直しへりくチューバー】とは⁉

スポンサーリンク
足立区すぐキレる課 YouTubeチャンネル
この記事は約4分で読めます。

足立区役所すぐキレる課を知っていますか?

「ドーン!」でお馴染みの独特な視点で現代社会を斬り日々世直しをしているYouTubeチャンネルになります。

多分、嫌いな人は嫌いなチャンネルかもしれません。ただほとんどの視聴者は、特に好きとか嫌いとかもなく、なぜかわからないまま何となく面白いから観てしまう感じだろうと思います。

 

今回は、そんな何となく観てしまう足立区役所すぐキレる課YouTubeチャンネルを紹介します。

スポンサーリンク

足立区役所すぐキレる課YouTubeチャンネル

それでは、早速、YouTubeチャンネルを観ていきましょう。

チャンネル名

正式なチャンネル名は、足立区役所すぐキレる課【独善的世直しへりくチューバー】となっています。

チャンネル登録日

2016年3月18日に登録となっています。

 

これより以下の情報は、2022年6月1日時点のものになります。

 

登録者数

チャンネル登録者は、1.3万人となっています。

動画本数

486本となっています。

再生回数

全動画の総視聴回数は、1053万7832回視聴となっています。

1本あたりの平均再生回数は、1053万7832回÷486本=約2万1683回となります。

チャンネル内容

ひとまずチャンネル概要欄から引用します。

すぐキレる課課長、足立キレ夫(通称すぐキレ夫)です。
自分なりの正義感や道徳観をもって、日頃のトラブルや社会における事件を記録、公表、報道、議論、取材、解決いたします。
ただし気が短いのですぐキレます。コメントや煽りに対してもすぐ反応します。
聖人君主ではないのでたまにジョーク、受忍限度の範疇で他人に迷惑をかけることもあります。 鼻につく動画、面白くて悔しい動画などありましたらコメントでイチャモンつけてください。
つまんない奴、主張に理屈が無く誹謗中傷オンリーの奴は非表示にするかも。
今後とも当方の社会活動家としての功利的活動を半笑いで見守っていただければ、これ幸いであります。 あ、それと生涯最低生活費以上は稼がない、財産は一生持たない、と決めてしまってるので 名誉棄損などの民事で訴えても無駄です。お金取れませんよw そもそも公共に関すること、目的の公益性、真実性、という名誉棄損の免責三要件は押さえてるつもりですけど…。
ただしプライバシーには配慮したいので、動画内の当事者から「現在のボカシでは特定されてしまう」との申告がある場合、完全なモザイクに変換しますのでご連絡ください。 どうしても削除してほしい場合も理由によっては応じます。

概要欄の通り、世直しがテーマのチャンネルになっています。

悪意はないが持ち前の自己中心的な性格から周囲に迷惑をかけている人がたまにいます。そのような自分では気づけないバカを注意するという主旨になっています。

例えばこんな感じの動画です。【次会ったら絶対にぶっとばす】危険運転のこいつを探してます→見つけました。ただいま本人からコメント欄で連絡がきています!

もちろん注意された方すべてが反省するわけではなく逆ギレするパターンもありますし、正直なところどっちが悪いか判断つきかねる賛否両論あるパターンもあります。ただそんな時でもコメント欄は自由に書き込めるため、チャンネル主への反論の余地はあります。そういうところもなかなかに思慮深い印象を受ける為、一部の視聴者からは人気があるチャンネルになっているのでしょう。

これまで何となくチャンネル登録して何となく観ていたのでわからなかったのですが、意外とチャンネル登録者が少ないことにビックリしました。個人的な感覚では、10万人くらいはいるチャンネルかなと思っていましたので不思議です。

書籍(北野真事)

チャンネル運営者の方は正論家北野真事名義で本も出版しています。

その名も、ウザい奴を言い負かす技術です。

created by Rinker
¥660 (2024/04/22 06:12:10時点 Amazon調べ-詳細)

確かに動画内で口論になっても負けることはほぼありません。この本は口喧嘩が弱い方にとってのバイブルになるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、足立区役所すぐキレる課YouTubeチャンネルを紹介しました。

足立区役所すぐキレる課チャンネルは、日常生活などで気になってもなかなか言えないことを代わりに言ってくれるチャンネルです。

ファンがいるチャンネルではなく、何となく観ているけど他人に観ているといえない雰囲気がするYouTubeチャンネル代表みたいなチャンネルでしょう。

弁達屋という企画もやっていますから何か言いたいことがある方は依頼してみてはいかがでしょうか。

江東伝力への弁達(言葉の配達)依頼はこちら kotodenryoku@gmail.com

 

タイトルとURLをコピーしました